コンタクト

アドレス(URL): http://www.dancingfun.net

1行紹介

あなたのターンアウトを一気に改善してバレエ上達を加速させるターンアウト整体師

自己紹介文

あなたのターンアウトを一気に改善するターンアウトデザイナー

民謡や水彩画をセミプロレベルで楽しむ両親の元に生まれる。幼少期から民謡を毎日のように聞き、日本の原風景を音楽を通して形成する。

三つ上の兄がフォークソングにはまり、その影響で小5の時フォークギターを弾き始める。以来、ハードロック、ヘビメタにはまり、ギター小僧として地元で有名になりかける。

小5の時、人生で初めて買ったLPがクラシック名曲集(SPはピンクレディーのUFO)だったというほど元々クラシック音楽好きだったことが高じて、高校生の頃からバレエを観始める。自分が踊ることにはまったく興味はなく、鑑賞専門の学生時代を過ごす。

「ミュージシャンか、エンジニアになる」という子どもの頃からの夢を果たすべく、通っていた工学系の大学院生時代、インプット過多であることに危機感を覚え、新宿村スタジオの第9スタジオにあった見ず知らずのバレエ教室のドアを突然ノックする。

この瞬間がターンアウトデザイナーへの布石となる。

大学院修了後、米国や国内の最高峰の研究機関で研究員を務める。しかし、自分よりはるかに優秀な研究員の存在を目の当たりにし、「自分の努力が社会に果たせる貢献があまりに小さすぎる」ことにショックを受け挫折。

学生時代、整体を受けた後にバレエレッスンを受けると、ことのほか踊りやすくなっていたことを思い出し、「バレエが踊りやすくなる体作り」の勉強を始める。

生理学、解剖学と出会い、バレエが踊りやすくなるように筋肉を調整できる理論体系を構築。それをターンアウトに特化してサービス提供開始。これが「ターンアウト整体®」の始まりとなる。

以降、プロ、アマ問わず、多数のクライアントに利用して頂ける状態が十年以上続く。

こちらは、生理学に基づいていることから再現性が高く、名人が持つような特殊な能力もいらない。したがって、基本さえ押さえれば、バレエ教師や各種インストラクターでも再現可能な手技。

そこで、複数の仲間でサービス提供することで、より多くのクライアント(生徒)のお役に立てると考え、ターンアウトデザイナーの養成を始める。

バレエ教師やインストラクターに、生徒さんの上達を助けることで喜んでいただきながら、収入を得るサービスとして提供中。

国際ダンス医科学学会(IADMS)正会員
大学講師

興味のあること

カフェ, 手技の創作