« コーディネーション力がだいじ | トップページ | 鏡と深部感覚 »

過程を楽しむことを趣味という

ということは、二つめのアプローチのほうがいいことずくめかというとそうではありません。

二つめのアプローチでは、基本的にバレエそのものは行いません。

皆さんがバレエのレッスンを受ける大きな理由に、バレエが好きだからというのがあると思います。バレエの動きをすること自体に喜びを感じているから、バレエのレッスンを受けるというわけです。

「過程を楽しむことを趣味という」という言葉を何処かで読んだことがあります。

バレエが趣味の方にとっては、バレエの動きをすること自体を楽しみたいわけですから、一つめのアプローチには満足感を覚えます。ところが、バレエの動きをしない二つめのアプローチは退屈になる可能性があります。

「お金を払ってまでやりたくはない」と思うかも知れません。

これが二つめのアプローチのデメリットです。

一方、目先の楽しみよりも、「目標とするステップができるようになることの方が優先だ」と考える方は、二つめのアプローチに満足感を覚えるかも知れません。

そうなると、状況は逆転します。

結局は状況による、ということになるのかも知れません。ただ、上記のような違いがあるということは言えると思います。

続く...

|

« コーディネーション力がだいじ | トップページ | 鏡と深部感覚 »

心と体」カテゴリの記事