« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

年末のアナトミーバレエ2

081228_007 年末のアナトミーバレエから「脚を高く上げるコツ1-ア・ラ・スゴンドの3つの上げ方─高さの違い」の様子です。

股関節と骨盤の使い方により、3通りの上げ方があります。ほとんどのダンサーがこのいずれかに該当します。上げたときの辛さと見た目の美しさにそれぞれ違いがありますので、それらを理解した上でご自分の上げ方を選んでいただけたらと思います。

081228_010解剖学的な説明を聞いたあとに、からだで違いを体験していただいているところです。

「うーん。つらい」とか「確かに上がる」とか、色々な声が聞こえてきました。

自分の気に入った上げ方を選んでいただいた後に、いまよりも高く上がるようになるエクササイズを紹介させていただきました。

|

年末のアナトミーバレエ

昨日と同じテーマで昨年末にもアナトミーバレエを開催しました。そのときの様子です。写真では、脚を出す方向によって骨盤のキープができたりできなかったりすることを確認していただいているところです。 081229_002 もう一枚では、コアの筋肉、特に多裂筋の活動を感じていただいているところです。大きな動きをともなわないため、なかなか感じにくい筋肉です。081229_004_2 でもこういった筋肉とコミュニケーションがとれるようになるとバレエはどんどん上達します。

|

アナトミーバレエ

本日アナトミーバレエを開催しました。テーマは「脚を高く上げるコツ2─アラベスクの理想と現実、そして対策」。090328_004 通常のレッスンでは得られない知識を盛り込んで講義させていただきました。一風変わった、でも非常に効果的なエクササイズも紹介いたしました。解剖学的・生理学的考察により導き出されたエクササイズです。適切に行うことができれば効果覿面です。090328_009 ぜひお役立て下さい。

|

ターンアウトの筋トレ専用器具です。

ターンアウトの筋トレ専用器具です。オリジナルのままだと負荷が強すぎたので、軽負荷で動かせるよう改良しました。また、可動域を制限するストッパーがついていたのですが、加工して外してあります。左下のアルバムをクリックしてみてください。

|

ターンアウトの角度計の写真です

立位(立った状態)でターンアウトの角度を測定する器械の写真をアップしました。左下のアルバムをクリックしてみてください。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »