« ようやく携帯(仮)デビュー | トップページ | 新国立劇場バレエ団研修生(甲出し整体) »

新国立劇場バレエ団研修生(アラベスク整体)

ここ半月の間に、プロをめざしている方が立て続けにダンサー整体や個人アドバイスを受けにいらしてます。本気モードに入った方達独特の雰囲気にこちらもつい熱くなります。

もちろん、これまでにも主なバレエ団の団員さんや、附属のバレエ学校の生徒さんに甲出し整体やターンアウト整体などを受けていただいていました。

が、誰に公開することもなかったのでどんな様子なのか当事者しか知る由がありませんでした。

ところが、実力もさることながら身体条件的にも恵まれた方たちの施術前後の写真を見てみたいというご要望を頂くようになり、このたび新国立劇場バレエ団バレエ研修所の研修生の方からご了解をいただくことができましたので、アラベスク整体の写真を掲載することにいたしました。

まず、施術前の写真をご覧ください。

Arb01_4Arb02_3

右脚(写真左)が左脚(写真右)よりやや低くなっていることがわかるかと思います。

(お顔は輪郭が分からなくなるように処理させていただいております)

 次にアラベスク整体後の写真をご覧ください。

Arb04_2Arb03_2 

右脚がグイッと上がるようになり、左右の均整が取れ美しい対称型になっています。

ご本人にも満足して頂き、施術後の美しいにっこり笑顔が忘れられません。

当方はそもそもバレエが踊りやすくなる整体があったらいいなと思って、探したけれど見つからないので、じゃあ自分でやってみようということで整体(身体均整法)を学び始めました。ですので、ダンサーの方が施術後にっこりしていただくと大変嬉しいです。

高岡英夫さんの著書に『からだには希望がある』(総合法令出版)がありますが、その言葉通り、出なかった甲が出たり、開かなかった脚が開いたり、身体が変化すると、心が変わります。もちろん、プラスに変わるんです。

施術後にっこりしたあとは、皆さん希望が湧いているのが表情に現れています。

ダンサー整体とは、「ダンスをする人々の幸福の総和」を最大限に近づける促進剤である。

と言えたらいいな。

もちろん、万能ではありませんので、よりよい施術を提供させていただけるように日々勉強です。

|

« ようやく携帯(仮)デビュー | トップページ | 新国立劇場バレエ団研修生(甲出し整体) »

お客様の声/臨床例」カテゴリの記事