« 本日のお客様の声 | トップページ | 国際ダンス医科学学会(IADMS)の学会誌最新号が昨日届きました。 »

本日のターンアウト整体®

本日のターンアウト整体の臨床例

32歳、女性、バレエ歴2年
主訴:左足のターンアウトがやりにくい。
    左足がパッセにあげにくい。
    アラベスクが両足とも上げにくい。
    左足が長い。

施術前の観察:左足前の5番に立つと、左腿に違和感。
    2番でグランプリエすると両お尻が違和感。
    6番に立って体を右にねじるのがやりにくい。
    表層筋に緊張は殆どなく、深層筋それも最深部に緊張が散在している。
    ご本人は左足が開きにくいと訴えていらっしゃったのですが、うつ伏せで調べると右の方が開きにくかった
    深部の緊張や痛みは左の方に多かった。

調整:仙腸関節の緊張をゆるめる。特に左側。
    外旋六筋最深部の痛みをゆるめる。
    ターンアウトのストレッチ。
    ちょっとだけマッスルエナジーテクニックを使う。

施術後の確認:6番のねじりにくさが少し残った。他の主訴はすべて解消。
20101029

この他にエクササイズ指導もさせていただいたのであとはご自身でエクササイズをしていただくと以前よりは踊りやすくなるのではないかと思います。

ただし、見逃してはいけないのが、左足。
あまり変化していませんね。
少しは開いたのですが、右に比べればずいぶん少ないです。
ご本人が仰るように、左足の問題のほうが深刻なのかなぁ、ということが分かります。
今後はこちらを重点的にケアすることになります。

|

« 本日のお客様の声 | トップページ | 国際ダンス医科学学会(IADMS)の学会誌最新号が昨日届きました。 »

お客様の声/臨床例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529354/49879469

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のターンアウト整体®:

« 本日のお客様の声 | トップページ | 国際ダンス医科学学会(IADMS)の学会誌最新号が昨日届きました。 »