« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

本日のターンアウト整体®

20110830


匿名、19歳、女性、プロを目指すダンサー

●主訴
「ターンナウトなんですが、左右差がすごくあって、左に比べ、右がすごく開きにくいです。
左右差がだれから見てもわかるくらいで直したいです。」

●観察
踊りにくさを調べる検査17項目のうち14で陽性(踊りにくさ指数14)。
生まれたとき、股関節脱臼あり。
週五日、一日二回のレッスンをしている割に、筋肉疲労が少ない。
体幹を動かしたとき左腰部に違和感。

●結果
踊りにくさ指数が5.5に減少(14→5.5)。それだけ踊りやすくなった、という目安です。
ターンアウトは左右とも施術により改善。
五番、二番で立ったときの股関節の違和感は消失。
一番で右のターンアウトしにくさが消失。
左のターンインのしにくさは残った。
左腰部の違和感も残った。
次回は、左腰部の改善を図る予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のターンアウト整体®

201108232

匿名、20代、女性、趣味のダンサー

●主訴/観察
右脚前のスプリッツがやりにくい。
横開脚が開かない。
横開脚して上半身を横に倒すと、右に倒れにくい。
左脚付け根が床から浮く。
立って体幹をねじると左腰に違和感。
うつ伏せで脚が倒れない。(ターンアウトしにくい)
右内転筋群に軽い圧痛有り。

●結果
左右とも大幅にターンアウトが改善。
開脚右倒しがかなり楽になった。
左腰の違和感は残った。(これは次回と言うことに)

| | コメント (0)

本日の甲出し整体&ターンアウト整体®同時

20110823

20110823_2

匿名、40代、女性、趣味のダンサー

●主訴
ターンアウトをキープできない。
ターンアウトをして骨盤を立てようとすると、右大転子付近に違和感。
右膝にも違和感。
内転筋が使えない。

●観察
右脚前の五番に立つと、大転子付近、右膝外側、左膝内則に違和感。
一番に立つと、右脚が開かないように感じる。
ターンインも右脚がやりにくいと感じる。
一番でルルベに立つと、左足が床をつかめない感じがする。
状態を曲げたりねじったりすると、右腰に痛み。
うつ伏せでは、右の方が随分とターンアウトできる。

●結果
左右ともターンアウトの角度が改善、感覚も改善。
一番で立ったときの右脚の違和感が消失。
左甲が自力で出せるようになった。
右甲が他動的(ふぁんアーチ)に随分と出るようになった。ただし、自力は少しの改善にとどまった。

●ご本人の感想
右股関節が伸びて立ちやすくなった。
床がしっかりつかめる感じがしてきた。
内転筋が意識できるようになった。

1ヶ月後に発表会なので、あと1回受けてより踊りやすくしておくことをお勧めしました。

| | コメント (0)

本日の甲出し整体&ターンアウト整体®同時

201108192

20110819_2

太極拳教師、50代、女性

●主訴
ターンアウトは左右ともやりにくい。
右股関節が硬くなってきたため、施術を希望。
ターンインとターンアウト両方使えるようになりたい。
右前十字靭帯断裂したまま。

●観察
臀部に押し痛みあり。
五番に立つと不安定感あり。
右股関節周辺に押し痛み多数あり。
甲の部分に癒着あり。特に左が顕著で痛みも強い。

本日は3回目。
大阪から通っていただいています。

●結果
ターンアウトは、1回目で大きく変化した後、二回目は一回目の結果と同程度だったが、今回の3回目でさらに開きやすくなった。
右股関節周辺の痛みを一つ一つ消していった結果、深くしゃがみ込む太極拳のポーズで途中で止まっていたものが最後までしゃがみきれるようになった。
ポイントとフレックスの両方ともやりやすくなった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本日のターンアウト整体®

20110819


趣味のダンサー、40代、女性、匿名

●主訴
左右ともターンアウトがしにくい。
特に左。
左の脇から腰にかけて緊張感がある。
ピラティスに取り組んでいるが、自分で改善するのには限界を感じて受診。

●観察
測定すると左のターンアウトが自覚的にも実際の角度でも少なめ。
体幹の簡単な動作をすると左腰付近に緊張感がある。
17種類の踊りにくさ検査項目のうち14.5個で陽性。
腰部と臀部に押し痛み多数。

●結果
ターンアウトが左右とも15度程改善。
感覚的にもターンアウトしやすくなった。
ターンインは数度減少。
左腰部の緊張感は残った。
17種類の踊りにくさ検査項目のうち陽性が14.5個から7.5個に減少。それだけ踊りやすくなったと言うこと。

今後のケアとしてボールマッサージをお勧めいたしました。

| | コメント (0)

本日のアラベスク整体

201108132

40代、女性、趣味のダンサー

こんど舞台に出ることになり、以前から気になっていた色々な踊りにくさを改善しようと来院。
これまで甲出し整体とターンアウト整体を受けていただいていて、今回はアラベスク整体が初めて。

右半身に緊張が多く、アラベスクも右が上がりにくいとのこと。
右骨盤の上側と、右股関節の前側に痛みと違和感。

右の股関節を中心に自律神経の緊張を解く施術を行った結果、右脚が後ろに上げやすくなりました。
違和感と痛みともにかなり軽くなりました。

とはいえ取り切れてはいないので、再来院をお勧めしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の甲出し整体

20110812_2

五十代、女性

月1回のペースで受けていただいているクライアントさんです。
左の甲が出にくくて、右の甲が出やすいけど立ちにくい、という症状。
このところお忙しくて甲出し器「ふぁんアーチ」を使うのが、週1回だとか。

ターンアウトは以前よりもだいぶ開きやすくなってきていて、レッスン中や床に座ったときに股関節が開いていることが良く分かるとのこと。

右大腿部全体に緊張が強いため、右のポアントのコントロールが上手くできていない様子。

左の甲を出すことと、右の下肢を緩めることを重点的に施術。

結果は、左甲が自力で出せるようになり(写真参照)、右脚全体がとてもすっきりした感覚があるとのこと。ルルベしてみると、右足もしっかり立てるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のターンアウト整体®

To110802

匿名、趣味のバレエダンサー、30代、女性

「特に右脚が大変ターンアウトしにくい」

「2番のグランプリエが出来ず、腰を深く落とす事が出来ません。」

とのことで海外から来院。

滞在期間1ヶ月中に何とかしたい、とのこと。

あちこち圧痛や凝りが見つかりましたが、特に顕著だったのは、右太もも内転筋が全体的に硬く、圧痛が強い。

施術で刺激を入れていても、反応がとても遅い。

1回目の施術では、ご本人の感覚として改善は感じられたか、まだまだやりにくさは残っている感じ。

2回目の施術で、かなりすっきりしてきて、目の輝きが増してきました。

来週3回目のご予約を頂きました。

ポイントは目の輝きが増したところかな。

もともと、とてもキラキラと明るい方で、素敵な方ですが、長年の違和感が取れてくると、さらに輝き出します。

体が変わるとそこはかとなく希望が湧いてくるんですね。

すごく良く分かります。


| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »