« 本日のターンアウト整体® | トップページ | 本日のターンアウト整体® »

本日のターンアウト整体®

20110830


匿名、19歳、女性、プロを目指すダンサー

●主訴
「ターンナウトなんですが、左右差がすごくあって、左に比べ、右がすごく開きにくいです。
左右差がだれから見てもわかるくらいで直したいです。」

●観察
踊りにくさを調べる検査17項目のうち14で陽性(踊りにくさ指数14)。
生まれたとき、股関節脱臼あり。
週五日、一日二回のレッスンをしている割に、筋肉疲労が少ない。
体幹を動かしたとき左腰部に違和感。

●結果
踊りにくさ指数が5.5に減少(14→5.5)。それだけ踊りやすくなった、という目安です。
ターンアウトは左右とも施術により改善。
五番、二番で立ったときの股関節の違和感は消失。
一番で右のターンアウトしにくさが消失。
左のターンインのしにくさは残った。
左腰部の違和感も残った。
次回は、左腰部の改善を図る予定。

|

« 本日のターンアウト整体® | トップページ | 本日のターンアウト整体® »

お客様の声/臨床例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529354/52613320

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のターンアウト整体®:

« 本日のターンアウト整体® | トップページ | 本日のターンアウト整体® »