« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

体使いの診療所?

古武術の実践研究家として有名な甲野善紀さんの音楽家講座に参加して来ました。

一般に当たり前と思われている身体の使い方とは一線を画した身体操法で、不可能と思われてもおかしくない技、動き、力を次々と披露してくださいました。

何事も体験が大事と当方も平蜘蛛返しという技をかけていただきました。うつ伏せで返されまいと頑張っている体があっさりと一瞬でゴロンでした。この技覚えたらレスリングで負けなしになれるかも。

本日は音楽家講座ということで、参加者が思い思いの楽器持参で身体の使い方のアドバイスを求めに集まっていらっしゃいました。

甲野さんの本領発揮はここからで、初対面の方の演奏上の悩みや問題点をその場で次々と解決してしまうのです。甲野さんご自身はほとんど弾いたことがないような楽器ばかりです。

身体の使い方を日々探究されていらっしゃるだけあって身体感覚の引き出しが豊富でいらっしゃる。しかも、相談者の動きを見てご自身の身体に投影して、「ここがおかしい。こう変えよう。」とアドバイスされます。

すると、あれよあれよという間に、音が変わる、声が変わる、で皆さん感激していらっしゃいました。

本日の甲野さんご自身の気づきを紹介します。

「初心者にとって基礎は意識されるものであってはならない。熟達したときに、自然と残ったものが基礎である。」



| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の甲出し整体&ターンアウト整体同時 プロになりたい、15歳

20120408_to

プロを目指しているバレリーナ、15歳、女性、1回目

●踊りにくさ
10年以上バレエを週6回習っているが甲が出てこない。
外反母趾。
股関節はとにかく開かない。
右脚は後ろにあげにくい。
左脚は前と横に上げにくい。
背中が硬い。

●観察
二番でグランプリエをすると殿部につまりを感じる。
殿部の押し痛みが強い。
甲が軽く癒着している。
左股関節がターンイン、ターンアウト共に可動域がせまい。

●施術後の感想
両足とも甲が出やすくなった。
こんなに変わるならもっと早く受診すれば良かった。

●施術者からひと言
レッスンの回数が多すぎのようです。
回数を変えないとしたら鍛える対象に変化を持たせてバランスよく上達しましょう。
甲出しについては日常的にふぁんアーチなどで伸びをかけていただければ元に戻ることはないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の甲出し整体 H24.4.8 新体操、13歳

20120408

新体操選手、13歳、女性、1回目

●踊りにくさ
左右差なし。
運動の際、左の外側に痛みがあります。
捻挫、下半身強打の経験はございません。

●観察
左右とも甲が伸びにくいが、特に左が伸びない。

●施術後の感想
ルルベで立ちやすくなった。
甲に乗れるようになった。

●施術者からひと言
1回で随分と甲が出るようになりました。
新体操の得点表に照らすと左は2ポイントアップですね。
ご紹介したプラスαのトレーニングを実施して、さらにポイントアップを狙ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトプットからインプットへの転換

整体を学び始めてから10年くらいは、施術力を上げるには、「どういう刺激を入れたらいいか?」に偏っていたように思う。

●●療法、××テクニック、▲▲術などひたすら学び続けたけど、要は「どういう刺激を入れたらいいか?」に集約できる。

アウトプットしか興味がなかったとも言える。

最近も新たな教材から学ぶことがあるが、自分が行っていることの検証が主になってきている。

日々の施術の中で色々な発見があり、自分なりに関連づけたり、応用したりして、創作的な経験値が積み重なってきている。

それを自分なりにまとめているが、所詮個人的屁理屈。

新たな教材を見る中で、「ああ、自分が行っていることはこれだったのか」と勝手に合点をいかせているわけである。

そういった経験が自分の施術の後ろ盾となり、新たな仮説の構築へつながっている。

今日の気づきは、施術中の意識の中心が、「どの刺激を入れるか?」から「何を選んで変化を追うか?」に変わっていることだった。

アウトプットからインプットへの転換である。

「観察が大事」

とは当初から繰り返し聞かされてきた。

当初は観察対象は教えられた物だったが、いまは自分がその場で決めている。
自分の五感、といってもここでは触覚がほとんど、の感度の範囲内で決められるので、ある意味等身大。

話し上手は聞き上手、とはよく聞く言葉。

施術も同じような気がしてきた。

受者の体の声を上手に聞けると施術効果も上がってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の甲出し整体 H24.4.6 新体操、12歳

20120406


新体操選手、12歳、女性、1回目

●踊りにくさ
つま先が固い。
甲が伸びない。

●観察
左右とも甲が伸びにくいが、特に左が伸びない。
左の腰部・臀部に圧痛が散在。
右の第二中足骨が長い。
ルルベにあがりにくい。特に左。

●施術後の感想
ルルベで立ちやすくなった。
甲に乗れるようになった。

●施術者からひと言
1回で随分と甲が出るようになりました。
まだ左は癒着が残っているので、それを改善するとさらに甲が出しやすくなると思います。
新体操で高得点を出せるよういくつかヒントを差し上げましたので、ぜひ実践なさってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のターンアウト整体 H24.4.6 趣味、40代

20120406_to

趣味のバレリーナ、40代、女性、1回目

●踊りにくさ
ターンアウトが出来ない。
アラベスクがあげにくい。特に右脚。
左アラセゴンドがあげにくい。
股関節が固い。

●観察
左前の五番ポジションが立ちにくい。
殿部の押し痛みが強い。
一番ポジションで左のターンアウト、ターンインがしにくい。

●施術後の感想
エクササイズ指導を受けた時点で左アラベスクがあげやすくなったが、右はあまり変わらなかった。
ターンアウト整体を受けた後は、右が左と同じくらい上げやすくなって楽ちん。
左のアラセゴンドもターンアウトをキープしたまま上げきれるようになって嬉しい。

●施術者からひと言
中学生と一緒に同じようなレッスンを受けていることと、レッスン回数が週四と多めなことが上達に対してマイナスに作用しているようでした。臀部・腰部の筋肉を緩めたことで、当初感じていた踊りにくさが消失しました。でも、同じ生活パターンを続けていると施術前と同じ状態に戻ってしまいますから、途中でお話しさせていただいたアドバイスを参考に実践できるものから行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »